tab_basic

キャッシュレジスターは19世紀後期にアメリカで生まれ、小売業販売に特化した機械化・汎用化が進んできました。
これに管理機能とネットワークを連動させることで、高機能な処理能力を得る事ができるようになったシステムがPOSシステムです。

POSシステムとレジスターの違い

キャッシュレジスター(cache register)…
主に小売業や商品等で、商品を販売する時、つまりお客さんとお金のやり取りを行う際に計算処理をしたり、販売した商品の記録を行う機能を持つ。

キャッシュレジスターは日本語で、金銭登録機とも言われており、本体に売上金や釣り銭を保管する引き出し、ドロワーと呼ぼれるものがついているのが一般的です。
時代の流れとともに、様々な機能がつけられ、お客様に何をいついくらで購入したのかが分かるようにロール紙などを設置したのがレシートの始まりです。

その後部門管理機能、釣り銭管理機能などあらゆる機能が付加され少しずつ進化しています。
この先に登場するのがPOSシステムで、これらのレジスターの機能とネットワーク機能を連携させることで、これまでよりもはるかに優れた高度処理能力を保持できたのです。

販売時点情報管理・POSシステムとは

従来レジスターが持っている精算処理機能に加え、商品の売り上げや在庫数、顧客属性など経営戦略に必要とされる情報を客と商品を販売する時点で、自動処理し、リアルタイムですべての情報を管理できるようにしたのがPOSシステムのネットワークシステムです。

POSシステムの機能とは

現在ほとんどの小売業で使用されているPOSシステムですが、正式な名称をpoint of saleといい、日本語で販売時点情報管理と呼ばれています。

インターネットでは、POSやPOSレジというキー・ワードでも検索することができます。
大手から中小規模のデパート、スーパー、コンビニエンスストア等のレジで活用されており、商品にプリントされているバーコードをスキャニングすることでスピーディーな精算処理を可能としています。

バーコードを読み取る処理というのは、単にレジの処理能力をスピーディーにする目的ではなく、この時点で、どのような商品がいつ、どんな天気の日に何人の来客でいくら、いくつ売れたかなど様々な項目のデータ処理が自動で行われています。

キャッシュレジスターの時代は、すべて手作業で行なっていた事で過不足が発生したり、算出するまでに時間や労力、人件費がかかるなどの問題もありましたが、POSシステムを導入することで迅速かつ丁寧、確実な管理を可能としました。

手作業の煩雑さを超えたPOSシステム

POSシステムは、手作業による手間を省けるだけでなく、処理時点での計算ミス、不正を未然にカバーすることもできるようになっています。

スタッフや経営者の業務負担を軽減しつつ、サービス質向上や顧客満足度アップにむけて意欲的に小売業を運営することが出来ます。